バストアップに女性ホルモンを活性化させる方法や注意点

女性の体内では卵子を育て排卵し妊娠出産するために、女性ホルモンが大きな役割を担っています。
女性ホルモンには、卵胞が成長する過程で分泌量が増える卵胞ホルモンのエストロゲン、排卵のときに卵子が飛び出た後の卵胞から分泌される黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類がありますが、どちらもバストアップに深く関係し、豊かなバストを望む女性から注目を集めています。
ここでは、女性ホルモンとバストアップとの関係、女性ホルモンを活性化させる方法や注意点などについてご紹介します。

女性ホルモンが増えるとバストアップする理由

バストは主に乳腺組織と脂肪組織から成り立ち、女性ホルモンの分泌がみられる小学校低学年から発育が始まります。
中学生頃の思春期になるとエストロゲンの刺激によって胸のふくらみが感じられるようになり、月経が本格的に定着するころから、エストロゲンとプロゲステロンの共同作用によってバスト全体の輪郭、硬さなどが形成され始めます。
さらに乳腺が発達すると脂肪の量が増えてふっくらしたバストに成長します。このようにエストロゲンには皮下脂肪や乳腺組織を増やす作用、プロゲステロンには乳腺を発達させる作用があるため、女性ホルモンの分泌量が増えるとバストアップにつながるのです。

バストが小さい原因

バストが小さい女性は思春期や成長期に、エストロゲンの分泌が少なく乳腺の増殖が少なく脂肪がついていないことが原因である場合が多いようです。
クラブ活動などで日常的に激しい運動をしていた方、大きなストレスを感じていた方に、過度なエネルギー消費によりホルモン分泌が妨げられバストが育成しない傾向がみられます。特に女性アスリートはホルモン分泌が極度に少なくなり月経異常が起きることが懸念されています。

女性ホルモンのバストアップ効果

どれくらい女性ホルモンの分泌量が増えるとどれほどバストアップするのかは個人差がありますが、女性ホルモンを活性化し分泌を促進することはバストアップに効果的といえます。
この効果に着目して、植物からエストロゲンやプロゲステロンに似た成分を抽出して作られたバストアップサプリメントに人気が集まっています。
バストアップサプリメントには、エストロゲンを集中して補充するサプリメント、エストロゲンとプロゲステロンの両方をバランス良く補充するサプリメントの2種類に大別されます。実際に多くの女性が体験しバストアップ効果を実感できているようです。

女性ホルモンの働き

【エストロゲン】
生理後から排卵まで分泌され、卵巣内の卵胞を成熟させる働き、乳腺組織を増殖する働きがあります。このほか、生殖器を細菌から守る、排卵を促す、肌のハリ、身長、声に影響を与える、血液中のコルステロールを減らす、脳細胞を活性化する、骨の形成促進ホルモンを促進する作用もあります。

【プロゲステロン】
排卵後から生理前まで分泌され、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を増殖させる働き、乳腺を発達させる働きがあります。生理前に胸が張るのはプロゲステロンの分泌によるものです。また、妊娠後の胎盤の状態を安定させる、基礎体温を上げる、血糖値を正常に保つ、体脂肪を減少させる、生理痛や偏頭痛を改善する作用もあります。

【成長ホルモン】
女性ホルモンではありませんが、成長ホルモンもバストの成長に関与しています。小学校の高学年くらいから多く分泌され、バストの中に存在するラクトゲン受容体へ働きかけることによってバストの成長も促進されます。このほか、骨格の形成や脂肪の代謝を良くする作用もあります。睡眠中に多く分泌されるため、早寝をおすすめします。

女性ホルモンの分泌を活性化させる方法

・たんぱく質摂取
バランスの良い食生活をしながら、動物性たんぱく質(肉、魚)を増やしましょう。マグロの赤身、チーズ、牛乳などもおすすめです。

・大豆イソフラボン摂取
豆腐、納豆、味噌などの大豆食品に含まれるイソフラボン、その化学構造はエストロゲンの化学構造と類似しています。そのため、イソフラボンはエストロゲンと同じようなバストアップ効果が期待できます。

・バストアップサプリメント服用
最近はさまざまなバストアップサプリメントが発売され、女性ホルモンが補充されバストアップ効果が期待できます。ただし、摂取時期や用量を守って服用しましょう。

・充分な睡眠
成長ホルモンが分泌され始める0時前には就寝し、早寝早起きを心がけましょう。

・ストレス改善
ストレスは女性ホルモンの分泌を減らしてしまうことがあり、生理不順など体全体のバランスが崩れます。バストアップのためにもストレス解消を心がけましょう。

・冷え改善
血行やリンパの流れが悪いと乳腺の発達を妨げるため、体を温める工夫をしましょう。バストアップクリームやオイルでマッサージをすると血行がよくなり冷えが解消されます。

・バストの血行促進
マッサージ、ツボ刺激、筋肉トレーニングなどもバストの血行を促進して女性ホルモンを活性させます。また、猫背の方は姿勢を良くするだけでも血行が良くなりホルモン分泌に役立ちます。

・適度な運動
激しい運動でなくても大丈夫。ウオーキングやストレッチなど、適度な運動はストレスを減らし血行を良くするため女性ホルモンの分泌にも有効です。

・下着の正しいサイズと付け方
実はバストを押さえつけるサイズだと血行不良で女性ホルモン活性を妨げ、バストアップ効果も減少させてしまいます。バストサイズをきちんと測り適切なサイズの下着を正しい方法で付けましょう。下着専門売り場で相談されるとよいでしょう。

女性ホルモンの分泌を活性化させるメリットとデメリット

【メリット】
・肌がつやつやになる
・髪の毛にハリがでる
・血管を広げて血流を良くする
・自律神経をコントロールしやすくなる

【デメリット】
・バスト以外の場所も脂肪が増えて太ってしまう
・プロゲステロンの分泌が過多になるとむくやすくなる
・エストロゲンが過剰になると身長が伸びにくくなる

女性ホルモンの分泌を活性化させる時の注意点

・甘いもの、スナック菓子、ジャンクフードは避ける
体内で活性酸素を増やし細胞を劣化させるため女性ホルモン分泌の妨げになります。

・食事制限ダイエットは控える
ダイエットすると真っ先に胸の脂肪が落ちてしまいます。豊かなバストと引き締まったボディーラインを両立させたい場合は、運動など食事制限以外のダイエット法にすることをおすすめします。

・猫背の場合は姿勢矯正も
姿勢が悪いと血行やリンパの流れが悪く女性ホルモン分泌が活性化されにくくなります。

・女性ホルモン剤などの薬は厳禁
エストロゲンのホルモン剤が更年期障害を治療する目的で使用されることがあり、国内では医師が処方しています。手に入れられる環境であっても、副作用が心配されるためバストアップには服用してはいけません。

・生理不順などのトラブルは受診を
生理痛がひどい、生理不順があるなどの女性ホルモンに関する不調がある場合は、病院に相談されることをおすすめします。

まとめ

ここまで、バストアップと女性ホルモンの関係についてお伝えしましたが、参考になる情報は見つかりましたか?エストロゲンとプロゲステロン共に分泌量を増やし活性化することは明らかにバストアップにつながるようです。
そのためには健康的な食事、運動、睡眠をすることが大切です。さらに短期間で効果を出したい場合にはサプリメントなどで女性ホルモンを補充する方法もあります。ぜひ女性ホルモンを活性化させてバストアップ効果を出してくださいね。